ホームページTop

ハイブリッド心理学辞典 辞典内検索(by Yahoo!) 結果は別ウインドウ表示

歩みの学び
 歩み-1 心の問題の仕組みとその克服

歩み1-2 心を病む仕組みとその克服
基本説明理解の前提  「半夢状態」という「心の病み」の根核  「心の病み」の発現と克服のメカニズム  理解のポイント
「心の病み」の理解への基本的視点
病んだ心の特徴要素・・・度を越えたマイナス感情/情動の荒廃化/論理性の歪み/自己の分裂と疎外  心の健康への基本課題
心が病むまでの心理メカニズムの流れ
心理メカニズムへの視点  3つの初期成長段階の位置づけ・・・基本情緒傾向の発現と刷り込み/「心と魂の分離」/生き方思考の基盤の醸成/「人生」への意識の始まり/「思春期要請」  心が病むまでの心理要素の流れ・・・「根源的自己否定感情」/「感情の膿」/「情動の荒廃化」の始まり/「否定価値感性」/「受動価値感性」/「なるべき自分」と自己処罰感情/「情動の荒廃化」の進行/「自己操縦心性」と「外化」/「情動の荒廃化」の膨張  「心の病み」の本質とは
「心の病み」の克服
「自己操縦心性の崩壊」と「感情の膿の放出」の治癒メカニズム  「成長」の一環としての「治癒」  「心の死と再生」  「自己操縦心性の崩壊」から健康な心での「脱皮成長」へ  「受動価値感性」からの抜け出しと「心の死と再生」  「成長」への「真実」へと向かう  「命の生涯」という「見えない真実」  「心の病み」の治癒と「心の死と再生」  「青年期」という節目・「現実を生きる」という生き方モードへの転換  「魂の感情」と「命の生涯」・「治癒」を超えた歩みへ
最終更新:2018.11.5
基本説明 
「病み」とは「健康を損なった病的状態」のことであり、「心の病み」とは一言で、「度を越えたマイナス感情に不合理に心が支配される状態」だとまずは定義できるでしょう。
2つ側面があることになります。
まず「度を越えたマイナス感情」という、感情情緒面問題
そして「不合理に心が支配される」という、思考、あるいは意識明晰性における問題

・理解の前提
この詳しい理解にあたり、まず前提として押さえておきたい観点2つあります。
一つは、という身体面健康を損なっていることによる症状病状は、ここで言う「心の病み」とは一応別のものとして考えるという前提です。これについてはハイブリッド心理学専門外であり、あくまで脳そのもの健康状態において起き上記状態を、「心の病み」として考察します。

そしてもう一つ心理学からはこれが重要重大視点になりますが、「単なる」「未熟」はこれもまた「病み」とは分けて考える、ということです。
つまり、問題対処知恵持たなかったり、「若さ」ゆえの「心の弱さ」といった「未熟」重なることで、いとも容易「度を越えたマイナス感情に不合理に心が支配されて」しまうのが、人間というものなのだということです。
重要なのは、そこからどう「成長」へと転じることができるかです。自分未熟認めることができ、問題解決向上への知恵学ぶことができた時、何よりもそれによって得る前進力の感覚こそが、マイナス感情動揺吹き飛ばす力になるでしょう。一方、そうできずにただ不遇不満かこつ時、何より自ら前に進む方向と力を見失ってしまうことが、この人ストレス打ち負け心を病むような姿にも陥り得る、最大原因になると言えるでしょう。
そこには確かに、結果として「心を病む」という問題があるとしても、根本的原因、そして克服テーマとしてあるのは全て「未熟」という問題なのだ、と言えるようなものとしてです。少なくとも身体的健康損なわれていないのであれば。
それでもやはり、「単なる未熟」ではすまない問題加わることがある。これがまさに、ハイブリッド心理学「心が病むメカニズム」として注目するものになります。

・「半夢状態」という「心の病み」の根核
実はこの「心が病むメカニズム」原型もしくは示唆形とも言える、健康な脳で起きる現象を、私たちの誰も知り、そして限りなく例外ない全ての人が、実際体験しています。私たちはそこでしばしば理不尽な感情に不合理に翻弄される自分自身目のあたりにするものとしてです。
睡眠中「夢」です。
当然そこでは、理性による感情コントロール利きません。「単なる未熟ではすまない問題」とは、まさにこれに関係しています。つまり、起きながらにして半部夢を見ているような、「現実覚醒レベル」が低下した意識状態に置かれる。これが「心の病み」呼ぶものの、根核になるものだとハイブリッド心理学では考えます。それによって、「度を越えたマイナス感情に不合理に心が支配される状態」が、明晰理性によるコントロールできなくなってしまうのだ、と。
これを踏まえれば、「心の病み」定義をこう言い換えることができるでしょう。それは、「半夢状態の中で度を越えたマイナス感情に心が翻弄される状態」だと。

・「心の病み」の発現と克服のメカニズム
そうした「心の病み」がどのように生まれ、そして根本克服されるのかについて、ハイブリッド心理学明確独自理論を持っています。
一言でこのようにまとめられます。まず「幼少期」の否定的体験によって、人の心に、マイナス感情の塊である「心の闇」が埋め込まれる。その際、幼い心では受けとめることのできない破壊的な恐怖や破滅の感情は、単純な「切り離し」のメカニズムによって心から抑圧され、「なにごともなかったような平静」が「学童期」までの間は保たれる。しかし「思春期」となり、人生形成への脳の成長変化に伴い、もはや単純な「切り離し」ではすまなくなった恐怖や破滅の感情「膿」のように意識下でくすぶり始めると同時に、この世界と人生に破滅の恐怖が潜んでいるという観念に脅かされた半夢状の意識状態が出現するのだ、と。
それが、ハイブリッド心理学「自己操縦心性」と呼ぶ、「病んだ心」メカニズムです。
克服についても続けましょう。「病んだ心」からの抜け出しは、社会へと自分の足立って歩くことが課題となる「青年期」において、この人人生歩みにおける大きな転換点として訪れ得るものになります。
それは、「現実」へと向かって生きようとする心の動きが空想上の自己破滅の可能性をとらえて起きる絶望感情を、現実において破滅はないという認識を保ちながらただ流すことによって、「今までの心が死に、新たな心が再生する」という「心の死と再生」として生まれる、というものです。これを「自己操縦心性の崩壊」による治癒呼んでいます。
これがまさにこの人の、人生への旅立ちになるでしょう。

・理解のポイント
理解ポイント2つになるでしょう。まず、この人人生しばしばこうむることになるであろう悪感情動揺原因として「心の病み」役割です。
端的に言うならば、これはゼロなのだというのがハイブリッド心理学考えです。例えば腫瘍のせいで頭痛起きるというような「原因」になるものとしてではです。
つまりまず幼少期否定的体験により「マイナス感情の塊」である「心の闇」植えつけられてしまうこと、そしてそこにさまざま「未熟」要因重なることで、いとも容易「度を越えたマイナス感情に不合理に心が支配される状態」になってしまうのは、健康な心働きとしても十分理解できることであり、そこにある「未熟」を認め、心の学び人生歩むことでやがて根本的な克服へも至り得る道が、私たちのには用意されています。ここまで問題全て「未熟」起きたことなのだと言えます。
しかし「単なる未熟」ではすまないものとして加わる可能性があるのが、破滅的恐怖や絶望感情「抑圧」され「膿」のようにうずくことで生まれる半夢状の意識状態であり、そこでは悪感情動揺理性的コントロール利かなくなる。ハイブリッド心理学では、「心の病み」厳密にはこの要素のみ指すものとして定義しています。
睡眠時の話で言えば、「夢に感情が映し出される」のであって「夢が感情を生み出す」のではないのと同様、「心の病み」悪感情動揺生み出すのではなく特有の形でその抜け出し克服困難にさせるのが「心の病み」だということです。悪感情動揺生み出すのは病みではなく、あくまでその人未熟なありかた全体です。
この点では、冒頭指摘した情緒面および意識明晰性における問題という2つ側面の内、厳密心の病み側面とは後者なのだ、ということになります。

そうして平常意識内での克服困難となる心の病み状態は、どのよう克服され得るのか。
それは「心の死と再生」を取る。これが理解ポイント2つ目になるでしょう。今の心はもうこの先立ち行かないという「完全な絶望感」一度おおわれ、「精神の死」とも言える状態経て、しばらく時間を置いて、雑念雑情が消えた、すがすがしく軽快な心の状態生まれる、というものです。
実はこの「心の死と再生」は、私たち人間飛躍的成熟するための、基本的メカニズムだとハイブリッド心理学が考えるものです。そこで人の心成熟させるものとは、意識表面絶望感どのようなものかよりも、それまでの、成熟できずに空回りしていた心打ち破られること、そして今まで置き去りにされていた、自分自身心の底「命」の重みのある感情接することです。加えて、意識表面絶望感越えて、いかに心の底成熟した心への視野持っているかが、になるでしょう。
病んだ心からの抜け出しにおいてはそれが、「現実に向かって生きる」という青年期課題に、思春期において発動した「病んだ心」である「自己操縦心性」自らに絶望するような打ち破られ心の底のように置き去りにされた、幼少期の、出生への深い絶望と破綻の感情あらわになる、というになります。
そこで吐き出され絶望感同様に、理性的コントロール利かないものであり、基盤まだ弱いこの段階だけに、「希死念慮」「自殺衝動」への危険出てくる可能性考慮する必要があるでしょう。それでもこれをなんとかやり過ごした後、必ず劇的に健康度を増した新たな心の状態出現するのです。何よりもこの心の仕組み本人伝えることが、心の病み乗り越え健康な心での新たな成長の道向かうための援軍になるででしょう。

病んだ心「発症」から克服までの心の仕組み流れとしてあるのは、ここで述べたものだけだとはもちろん考えません。
それでもこれが、人の人生宿命のように用意された、一つの道だとハイブリッド心理学は考えるのです。「愛」求め生まれ出た幼少期躓きを抱え、思春期情緒不安定になり、そして青年期入り口において心の危機迎え、そこにある病みから何とか抜け出す。そうして人生へと歩み出す人が決して稀ではないのが、「人間」という不完全存在の、一つ姿なのだ、と。
同時これが、単に病んだ心から健康な心への抜け出しであるのを超えて、この後人生における、未知の異次元の心の豊かさの世界に向かっての心の成熟変化の、原型にもなるものであるのをハイブリッド心理学は見出します。
「今までの心」打ち破られ置き去りにされていた「魂」感情向き合う時間を経て、「命」が、この人間に、より豊かさを増した新たな心芽生えさせる、という変遷変化です。ここでその変化内容一言表現しておけば、それは「人の目」の空想の中で生きようとした心死にまっさらな「現実」に向かって「命」のありのままの前進力によって生きる心増大していく変化だと言えるでしょう。

以下にて細かい観点ごとにハイブリッド心理学考えを説明します。
「心の病み」の理解への基本的視点
心が病むまでの心理メカニズムの流れ
「心の病み」の克服

「心の病み」の理解への基本的視点 
「心の病み」理解するための基本的視点は、
1.まずはどのよう「心の状態」「心が病んでいる」というものとして捉えるのか、特徴要素分析整理明瞭にする、そしてに、
2.その「原因」探求究明するという、2段階のものになります。

「原因」への理解視点が、同時に、克服へのアプローチ視点大枠決めると言えるでしょう。
大きくはまず脳生理学的学的アプローチ視点と、心理学的アプローチ視点分かれると言えるでしょう。脳生理学的学的視点としては、損傷病変として、「神経伝達物質」ホルモン機能的不調原因なのだというアプローチ視点取るならば、克服「薬」や、食事および運動など生活習慣改善だという考えになるでしょう。
心理学的視点としては、この人外部から受け「心の傷」によるものだと考えるならば、克服のためには、この人辛さ理解寄り添うような援助必要だという考えになるでしょう。根本的原因はそれよりも、この人自ら前進成長するための方向見失っていることにあるのだ、という考え取るならば、自助努力型ノウハウを伝え、それをどう選択実践するかは最終的には本人委ねる、というアプローチになるでしょう。
ハイブリッド心理学は、ここで述べた3つ目のものに該当するということになります。
この3つアプローチのうち、結局どれが一番正しく適切、あるいは効果があかという議論は、ハイブリッド心理学ではしません。結局、人それぞれだと考えます。日常生活妨げられるほど精神的困窮にあるのであれば、やはり寄り添うような援助の手が求められるかも知れませんし、外面的には比較的問題なさそうな一方で面に深い混乱感じている、そして何より自らの成長望むケースにおいて、ハイブリッド心理学のようなアプローチ役に立つでしょう。心理的というのは考えられないというのであれば、まず生活習慣改善徹底的取り組むのもいいでしょう。

・病んだ心の特徴要素
ここではまず、どのアプローチを取るにせよ押さえておきたい、「心を病む」とはどのような状態を言うのかの、心のあり方特徴要素について、ハイブリッド心理学考えをまとめます。
基本説明で述べた「度を越えたマイナス感情に不合理に心が支配される状態」という定義が、詳しい考察への入り口になるでしょう。そこには大きく感情面思考(意識)の明晰性の面における問題がある。より詳しくどのよう問題として、それを把握できるか。
『理論編上巻』では、病んだ心における「病理」つまり健常との違いとなる本質的特徴を、「度を越えたストレス」「自己の分裂と疎外」「情動の荒廃化」「論理性の歪み」4つとして整理しています。「度を越えたストレス」「度を越えたマイナス感情」とした方が分かりやすいかと思います。「自己の分裂と疎外」感情思考両面にまたがる、「人格統合」における問題と言えるでしょう。
簡潔にまとめるとのようになります。

問題領域 特徴要素 特徴内容
感情面 度を越えた
 マイナス感情
その人が置かれた現実の状況に比べて、不釣合いな強さもしくは長さで、怒り悲しみ怖れ不安絶望感といったマイナス感情にある。あるいは訳もなくそうしたマイナス感情にしばしば駆られる。
情動の荒廃化 攻撃性、破壊性を帯びた感情頻繁湧くようになる。この結果3つタイプ心の状態生み出すと言えるでしょう。
a.攻撃性自制をあまり伴うことなく外部向かう粗暴な人間像につながる。
b.攻撃的感情自制おおう全般的な感情制止生まれ内面的閉塞不活発な人間像につながる。
c.破壊攻撃の衝動自分自身向かう激しい自己嫌悪感情や、悶絶するような苦しみ精神状態を生み出し、自傷自殺企図危険が出てくる。
思考(意識)
 の明晰性
論理性の歪み
(現実覚醒
レベルの低下)
一つ一つ観念つながり方である「論理性」が、正常性明晰性を欠いたものになってくる。極端決めつけ支離滅裂荒唐無稽(こうとうむけい)といったものへ。
ただし論理的思考得手不得手やその内容明晰性による心の病み以前問題でもあり、心の病みにおいて起きる問題とは、その人なり論理的思考が意味を成さなくなるような、起きながらにして夢の中にいるような、「現実覚醒レベル」が低下した意識状態だというのがハイブリッド心理学の考えです。それにより、感情による操り人形のような心の状態になってしまうことだ、と。上述のような感情によるものとしてです。これが「病んだ心」おおよそ構造だと言えます。
人格統合面 自己の
 分裂と疎外
自分自身から遠ざけられる。また自分というものが一つのまとまりあるものでなくなってくる
これは基本的には、自分の感情への向き合い方誤り、そして自分というものの育て方への無知積み重なった結果だとハイブリッド心理学は考えます。つまり上述のような心の状態悩む中で、根本克服への知恵持たないまま、自分の感情にふたをしたり、別の自分を演じてみるといった対応繰り返す先に、自分というものが分からなくなり収集がつななくなるという、さらに混迷加える結果へと至るものです。
「度を越えたマイナス感情」も、こうした心の状態最終的表面表れるもの理解できます。

*なお自分の思考自分のものでなくなり幻聴として体験されるといった統合失調症状レベルのものは、脳機能レベル健康損なっていることが考えられ、理解の前提として述べた「心の病み」範囲越えているのではないかというのがハイブリッド心理学での考えです。

・心の健康への基本課題
上記のような病んだ心特徴要素はそのまま、心の健康への基本課題示すものだと言えるでしょう。
つまりそれは、
 「これが自分の感じ方であり考え方だ!」自信をもって前に進むことができるような、一貫した自分の確立へと向かう
 空想やイメージで惑う心抜け出し「現実」しっかりと足をつけた前進へと向かう
 すさんだ心抜け出す
といったものです。それにより「度を越えたマイナス感情に不合理に心が支配される」ということも、なくなっていくであろうと。
ただしこれはもちろんごく輪郭であり、より具体的に、私たちの生き方姿勢思考法行動法、そして内面感情への向き合い方どう変えていくのかの内容重要になってきます。
それはまさしく、上記のような病んだ心特徴要素が、私たちのどのような生き方姿勢や思考法行動法、そして内面感情への向き合い方の中で生まれるものなのかという心理メカニズム詳しく紐解いていくことにより、浮き彫りになっていきます。
それをの「心が病むまでの心理メカニズムの流れ」で整理します。

心が病むまでの心理メカニズムの流れ 
・心理メカニズムへの視点
健康起きるものである限り、私たちは心が病むメカニズムというものを、健康な心からも多少とも共感できるで、来歴における感情と思考そして「感性」の連鎖的変形として理解できるはずだ、というのが島野考えです。そこに克服への取り組みも、ふんだん示されるであろうと。
事実島野によるこの心理学整理も、高校時代視線恐怖症対人恐怖症始ま自ら心の問題取り組むため、大学院まで心理学を学び、その後長い社会人生活を経て大きな心の健康と成長、そして成熟得た体験をもとに行っているものです。
そこで私が最初取り組んだのがカレン・ホーナイ精神分析学であり、病んだ心構成する感情動きを知り、自己分析によってそれを自身の中で確認していくというものでした。それが程なくして、私の中病んだ心自らに絶望するような崩壊健康な心回復するという、「心の死と再生」を取った最初大きな治癒転機生み出したのが、大学4年時のことでした。そして大学院では「論理療法」「認知療法」から、自ら心の健康へとより積極的方向づけることを学び社会人になってからは心の問題克服超え社会で強く生きるための行動学学び実践することも携え最終的には人生の歩みそのものが、大きな心の豊かさへの成熟生み出す至りました。

そこで結局のところ「治癒」「成長」そして「成熟」生み出すのかという考察の「「心の病み」の克服」にゆずり、ここでは、心が病むまでの過程健康な心からも共感できるものとして理解するならばどのようなものになるかという、心理メカニズムをまとめます。
実はこの健康な心からも共感できるというところに、病んだ心治癒への原理一つ示唆されることを指摘しておきましょう。つまり、病んだ心の特徴要素で述べたように自分自身から遠ざかるマイナス感情度を越えた不合理なものへと膨張したという経緯がある状況において、心が病む過程への学びとそれに基づく自己分析が、自分自身を取り戻し本来の克服力を回復させるための、一つ道筋なり得るということです。そこに、自己分析というものが、単に理屈で追うようなものではあまり意味はなく、健康な心の部分足場にした、置き去りにした自分自身への深い共感というものがいかに伴うものとして成されるか重要になるゆえんがあります。これについて詳しく実践5-2 「自己分析」説明しましょう。

心が病むまでのメカニズムとは、それを最も大きく俯瞰したものが冒頭の「「心の病み」の発現と克服のメカニズム」に記したものであり、手短に言って「幼少期に心に何らかの闇が埋め込まれ、思春期になって不安定な心の状態が表面化する」というようなものです。
どのようなアプローチ取ろうとするのであれ、心の問題取り組もうとする専門家恐らくは全てが、こうした認識には同意するでしょう。ただしそこからさらに詳しい心理メカニズム紐解き、そこに克服への見出そうとする立場取るものは少ないかも知れません。ハイブリッド心理学これ属することになります。
ハイブリッド心理学からの理解ポイントは、「幼少期」を発する心の闇と、「思春期」発動する病んだ心という2つ狭間にあって、一見して「何も起きない」ように見える「学童期」実は起きている感性の歪みや、家庭学校などから文化的にも植えつけられると言える、人生生き方姿勢基礎となる柔軟性を欠いた善悪思考などの心理要素重要視することです。他ならぬそれこそが、実は病んだ心の中で動揺する感情や思考の内容そのものになるのだ、と言えるものとしてです。これは同時に、病んだ心の種が最初に埋め込まれるのが幼少期である一方、その克服への種が最初に埋め込まれ得るのが学童期なのだ、と言えるものになります。そのから茎葉が育ち花開くものが健康と成長への心の基盤実践の学び全体示すようなものに他ならない、そのようなをです。
もう一つポイントは、感情動揺単なる未熟では済まないものになる、「病み」特徴要素が、どの心理要素働きとして起きるのかというテーマになるでしょう。これは同時に、その治癒「心の死と再生」になるとはどういうことかというテーマでもあります。

・3つの初期成長段階の位置づけ
ハイブリッド心理学が考える心が病むまで心理メカニズム流れは、「幼少期」「学童期」そして「思春期」という3つ「初期成長段階」をまたぐものです。
まずこの3つ初期成長段階位置づけとして、押さえておきたい主なポイントまとめると以下のようになります。

成長段階
 (目安の年齢)
位置づけ
 ポイント
説明
幼少期
 (4歳頃まで)
基本情緒傾向の
 発現と刷り込み
生まれ持った性格現れてくると同時に、この幼い時期回りの環境との関係体験した感情が、脳に刻み込まれ染みついたかのように、後の人生でも頻繁流れるものになる、という仕組みが考えられます。マイナス感情染みついたものは「心の闇」位置づけられ、その克服テーマになってきます。
・「心と魂の分離」 出生してからの「意識構造」変化という、少し難解視点です。
私たち人間は、最初「自分」「他人」そして「自分」「外界」という区別不明瞭な、渾然(こんぜん)とした意識状態この世生まれ、やがてもの心がつき「自意識」芽生えることによって、明晰意識かね備わる同時に、大元「命」からはがれた薄っぺらいものとして働くようになる、というのがハイブリッド心理学考えです。それにより私たち人間「心」は、基本的「命」重み見失った浅はかなものとして働くのが宿命である、と。これを「心と魂の分離」と呼び、「幼少期」終わり告げるものになると位置づけています。
私たちが幼少期ことあまり良く思い出せないのも、単に時間経過により記憶が薄れているのみではなく、この「意識構造の違い」によって、もの心ついたの私たちの意識からはそれ以前意識世界「見えない」ものになっているということではないかというのが島野考えです。
恐らくはそのせいか、自ら心の闇由来遡ろうとする自己分析は、それがなぜ、そしてどのように始まったのかが見えない壁のようなものに突き当たることがあります。たとえばそれが回りの人々分厚いガラス隔て孤独感のような場合、「自意識」持ったことで、意識構造レベル周りとの渾然一体失ったことそのものが、実は私たちの孤独感最大由来だったのかも知れません。
これもやはり、ハイブリッド心理学取り組み歩み最後にその答えが示される、克服課題になります。

学童期
 (4歳頃
  〜10歳頃)
・生き方思考の
 基盤の醸成
幼少期情緒基盤醸成時期であるのに対して、学童期思考基盤醸成時期だと言えます。
感情気分でものごとを思考するのではない、論理的思考、そしてなるべく科学的な思考できるようになること、また善悪を決めつけずに柔軟な視点から考える人にどう言われるか自分でどう考えるか、どうしたいか考えられることなどが、思春期からありがち情緒不安定、さらには陥る可能性のある心の病み傾向からの抜け出しへの助けになるでしょう。

思春期
 (10歳頃
  〜18歳頃)
・「人生」への
 意識の始まり
第二次性徴発現中学進学などの契機にも伴いこれから進学交友恋愛、そして「人生」というものへの意識強く芽生え「自意識」強くなる時期です。
・「思春期要請」 思春期においては、「子供から大人への転換期」であることに対応して、いくつか課題テーマ心に強く作用し始めることが考えられます。ハイブリッド心理学ではこれを「思春期要請」と呼び、次の3つが考えられます。
「自信への要請」・・・自分自信持てるようになること
「愛の獲得への要請」・・・「異性の獲得」中核とするようなものとしての「愛」得ること
「人格統合への要請」・・・内部矛盾亀裂抱えない、一貫性のある堅固な自分築くこと
一言でいえば、前2者追い立てるように動かしに説明するような学童期までマイナス要因と、若さによる未熟誰も不可避心の浅はかさによって、その向かい方揺れ惑うという、それから人生における心の惑いと病み主題内容テーマと言えるものになります。一方最後「人格統合への要請」は、心の健康損なわれ病みの傾向現れてくるという、心の器状態関係します。
にて、心理要素流れを詳しくまとめます。

・心が病むまでの心理要素の流れ
幼少期「心の闇」埋め込まれ思春期「病んだ心」発動する。
この流れ詳しく見ると、以下まとめるような心理要素働くハイブリッド心理学では考えます。
心理メカニズムへの視点で述べた通り、健康な心からも共感理解できるものとして、始まり要素からほぼ自動的に連鎖展開していくものであること、病んだ心表面化する学童期段階において起きている感性の変化、そして思春期発動する病み本質決定づける要素、といったものが理解ポイントになります。克服への視点をあわせて記しておきます。
それぞれ心理要素につき、各ページにてさらに詳しく説明します。

成長段階
-問題テーマ-
心理要素 説明 克服への
  視点
幼少期
-「心の闇」の
  埋め込み-
「幼少期の周囲(主に家族)との間での否定的体験によって、脳に染みつくかのように蓄積したマイナス感情の塊」を、ハイブリッド心理学では広く「心の闇」呼んでいます。に以下2つ側面があります。
・「根源的
 自己否定感情」
自分がこの世に生まれ出るにあたって否定拒絶された存在だという、漠然として深い自己否定感情漠然とし強い不安恐怖・不信と怒り・失意悲しみなどを伴います。
「自他未分離の渾然意識」生まれたものであることに対応し、なぜそれが始まり、どう克服できるものか見えない、その分深く広範囲な影落とすものになることが考えられます。その始まり原因一面は実は外部出来事ではなく心と魂の分離」そのものだったのかも知れません。

成長成熟
 の全体
・「感情の膿」 幼少期における否定的体験幼い心そのまま感じ取るのはあまりに惨く精神破綻まねく恐れのあるような破壊的色合いの感情部分は、防衛メカニズムにより意識から切り離され代わりに、まるで脳内潜む毒素のように蓄積残る、というメカニズムが考えられます。思春期以降にそれが「破滅が迫る」という焦りストレス、そして日常的流れ重苦しい感情になる、と。
ハイブリッド心理学では、この「感情の膿」「病み」の要素を決定づけるものになると考えています。ただしそれは単独切り離して考えることはできず、以下に展開する心理過程全体との一体の中で作用するものになります。
「感情の
膿の放出」

 の
治癒
学童期
-歪んでいく
 感性-
「学童期」は、幼少期始まった心の問題思春期表面化するまでの、いわば潜伏待機期間であるような印象も受けます。しかし表面ではあまり目立たないまま、病んだ心動揺する感情方向性は、学童期から形づくられていくとハイブリッド心理学では考えています。そのため学童期は、それに対抗し得る感情動揺病みの傾向克服へのとなる姿勢醸成時期としても重要になります。
・「情動の荒廃化
 の始まり
病んだ心基本的特徴要素である「情動の荒廃化」が、「心の闇」からの直接的連鎖として、もの心ついた時点すでに始まっていることが考えられます。それは「望みの停止」により進行するというメカニズムであり、「何かが妨げられた」という深層感覚による、漠然とした怒りから始まるものとしてです。
情動の荒廃化は、この後心理要素の流れで、雪だるま式膨張悪化する傾向強くなり、「度を超えた悪感情」土壌になります。
・「否定価値感性」
 (「否定価値感覚」)
「否定できることを良しとする」という感覚感性が、学童期段階醸成されると考えられます。
これは心の病み傾向有無超え幅広く、私たち人間「宿命的不合理」と言われる心の業の、正体だとハイブリッド心理学で考えるものであり、置かれた現実状況に比べて不釣合いに不幸でいるという「心の問題」全体で、大きな要因位置づけるものです。
流れとしては、幼少期からのマイナス状況に応じ進行始めている情緒の荒廃化と、人間心の業心理要素結びつく、というものになるでしょう。それにより、すさんだ怒り攻撃の衝動が、ブレーキを働かせるどころかターボエンジンのように加勢を加えて自他に向けられ、情緒の荒廃化膨張させる、大きな土壌になります。
否定価値感覚成り立ちから克服までは、実践-6 「否定価値の放棄」の根本的選択詳しく説明します。
・「受動価値感性」 「受動価値感性」は、「望みの停止」緩やか働いて起きる感性の歪みと言えるものであり、「価値」というものを、自ら自発的感じ取るのではなく、人が自分にどう接してきたかを受けて、つまり「人の目」を通して感じ取るという、価値感じ取り方歪みです。何を望む自分では決められず望むなら自分望めるという依存性人生で目指そうとするものが、外見容姿性格印象地位財産など、「人の目」の中での見栄え体裁基準傾くという人生価値の浅薄化など、私たちの広い影響与えるものになります。
これは「人の目の中で生かされる」という私たち人間「宿命的不完全性」であり、誰もそうした面持つと言える一方、「人の目」空想ストレスの中で意識まとわりつく、そして自分「本当に望むもの」分からなくなる、さらに自分に嘘をついて望む、といった歪み出るにつれ、心の病み結びつくものになってきます。心の病みではなくとも、私たちの心の未熟による惑いとそこからの抜け出しによる成熟という、人生の舞台これなのだと言えるでしょう。
・「なるべき自分」
 と自己処罰感情
幼い心なりに「自意識」働くことで、やがて「なりたい自分」描くという心の動き出てきます。そこにこれまで心理過程投げかけ、歪み生じさせます。根源的自己否定感情抱えた場合、自己理想はそれを塗り消し葬り去るためのものとして、融通きかない「なるべき自分」として自ら課せられるものになります。一方否定価値感性により、理想満たないものを容赦なく攻撃否定する心の動きが生まれ、他人のみならず自分自身へも向けられるようになります。そこに受動価値感性加わると、「人の目」のために別人を演じる薄氷へと強いるものへ陥っていきます。
やがて、病んだ心「病状」になるとも言える感情エンジンが、この人備わります。それが「自己処罰感情」であり、血が逆流するような感覚目まい腹痛頭重頭痛吐き気重石を乗せられたような倦怠感などの体調不良を伴うような自己叱責の感情です。これはまるで、この人出生に際して「獲得」した悪感情全て練り上げた爆弾自ら砲撃するかのようなものだと言えるでしょう。
・「情動の荒廃化
 の進行
自己処罰感情は、さまざま「断念」引き起こしがちです。自己理想断念「取り下げ」や、との関係についての断念です。
これが「望みの停止」による情動の荒廃化一次元深めるものになります。「どうせ自分なんて」という断念いったん静まったかのに、他人の邪魔やアラ探ししたいなど、はっきりすさんだ衝動芽生えてくるでです。これがさらこの人自己認識悪くし、さらなる断念望みの停止起きさら情動の荒廃化深まるという坂道がそこにあります。
思春期
-病んだ心
  の発動-
上記の心理要素は、学童期までは「そんな面もある」程度自他により認識されたとしても、人生を生きる困苦として感じるようなものでもなく、その連鎖展開緩やかであるのが大抵です。
それが思春期となり、一気連鎖展開膨張激しさ増す同時に、人生を生きる困苦としての姿示すようになります。これはまさしく今までは結局スクールバス乗った中でのことのようなものだったのが、これから自分運転して進むことを求められ、事実気づいた時にはすでにそのハンドルさばきによって心もとない場所来ている、というような状況と言えます。
これは思春期要請によって、まず「自信と愛の獲得」という人生課題への号砲心の中打ち鳴らされたことに加え「人格統合への要請」作用によって、今まで切り離してきた心の闇が「意識に組み込まれる」という仕組み動くのだ、とハイブリッド心理学では考えています。同時にそこに、「病んだ心」発動する仕組みがある、と。
・「自己操縦心性」
 と「外化」
「自己操縦心性」とは、ハイブリッド心理学「病んだ心」メカニズムとして考えるものであり、一言「現実と空想の重みの逆転により、根源的自己否定感情を否定し去ろうとして動き、感情の膿の圧迫に応じて現実覚醒レベルが低下した状態で動く人格機能体」定義できるものです。
そこでの思考感情内容は、上記心理過程を受け、「こんな自分だとこう見られる」というものが中心になりますが、空想により引き起こされた感情によって操り人形のように突き動かされ、本当の自分が分からなくなってしまうというのが、「自己操縦」という呼び名を使っているゆえんです。感情の膿圧迫強いほど、夢の中で理不尽な感情に翻弄されているかのような意識状態になるという仕組みが考えられます。
克服にむけて理解きわめて重要になるのが、こうした心理構造で起きる「外化」メカニズムです。自分内部起きていることが外部つまり人の心の中で起きている感じ取られるものです。他人感情ありあり分かるかのように浮かぶほど、この仕組み強くかつ病的働いていることが考えられ、自分で疑うことができるかどうかが治癒克服への分かれ目になると思われます。
・「情動の荒廃化
 の膨張
根源的自己否定感情を受けて始まり、断念により進行している情動の荒廃化は、上記外化によって爆発的膨張向かう危険があります。「残忍な攻撃衝動」「破滅感情」自身内部ではまず抑圧され、それが外化され、他人が自分を残忍に陥れ破滅させようとしてくるという観念になり、爆発的な怒りの膨張へと向かうというメカニズムです。この「妄想」への反撃行動に出ることで、実際破滅的事態引き起こしかねないものになります。そうでなくとも、空想エスカレートした攻撃応酬繰り広げられ、激しい精神的疲弊起こしがちです。

・「心の病み」の本質とは
以上のような心理要素流れ経て、やがて自分というものがよく分からない形で体調不良を伴う自己処罰感情にしばしばおおわれる、あるいは明らか「妄想」呼べるような観念支配されているらしいような姿示すといった状態になった時、はそこに「心の病み」起きていると感じ取る、という流れになるでしょう。
しかしそこに至るまでの心理要素流れ詳しく見た時、ハイブリッド心理学からは、そこに起きる心理要素の連鎖の全体が、基本的には「病み」の問題ではなく「未熟」の問題として起きるのだ、という考えになります。
つまりその克服の全体が、基本的に「治療」の問題ではなく、「未熟」からの「成長」そして「成熟」の問題としてある、ということです。
そこに差しはさまれることのある、健康な心の働きだけでは済まない部分がある。それでもやはりそれは、「未熟」生み出す「病み」であり、「成長」生み出す「治癒」となるのだ、と。

詳しく見ていくと、全て始まりである「幼少期の周囲との間での否定的体験」は、この人自身というよりも多分回りの人間の未熟起因することが多いであろうとして、それを受け幼少期始まる根源的自己否定感情、そしてそこからの連鎖として学童期展開していく否定価値感性」「受動価値感性」、「なるべき自分」と自己処罰感情、そしてその起きている「情動の荒廃化」始まり進行といった流れを、健康な心からも多少とも共感できるものとして理解することができます。人生「未熟」から歩み始める私たち人間にとり、いたしかたないものとしてです。
一方それらとは少し異質なものとしてあるのが、根源的自己否定感情において幼い心許容範囲超え破壊的感情意識から切り離さ脳内毒素のように残るという感情の膿、そしてそれが学童期潜伏期のようにして思春期疼き始めることで発動する、自己操縦心性という「病んだ人格機能体」です。この2つ心理過程要素が、「単なる未熟」では済まない「病み」対応したものになります。

それでもやはり、この病み心理過程についても、ハイブリッド心理学はそれが心自ら未熟ゆえに成した動きであることを、健康な心からもその意味多少とも理解できるものとして、見出します。
それはずばり「現実の否定」です。未熟であるがゆえに、現実を受けとめて克服するというのではなく、現実を否定し切り離すという動き成されるものです。
幼少期においてそれは、自分自身守るために、許容範囲超え破壊的体験への感情意識から切り離すという動きとして。
一方思春期においてそれは、自分の心がこうむった破壊的マイナス感情否定するというのを超えて、歩みだした人生向けて、自分が何か「神」のように特別な存在になれるための空想の世界へと飛翔するという、積極的現実否定として動くというものに思われます。やがてそれが、「空想の世界を基準に、現実の世界の自分を叩く」というものに転じていくのです。これが「病んだ心」正体自己操縦心性だというのがハイブリッド心理学考えです。

こうして私たちは、「病んだ心」動きというものを、健康な心からも意味理解できる形で、十分把握することができます。
それは未熟な心幼少期から思春期にかけて、歩み始め人生での躓き対して、自分自身の心を守ろうとした動きが、やがて自分自身を滅ぼすようなものへと暴走するというような流れのものだと言えます。それはやはり、未熟が生み出した病みであり、その意識内容厳密には「病み」というよりも「未熟」問題だというのがハイブリッド心理学考えです。
しかしそこに最後加えられるのが、感情の膿圧迫に応じて、理性が利かない半夢状の意識状態になるというです。これにより、未熟が生み出した病みが、その病みの中に閉じ込められるという状況起きてきます。ここに、病んだ心治癒困難になる一因があり、これが「病み」本質だと言うことができるかも知れません。

病んだ心からの治癒克服について、大きく2つのことが言えることになります。
その「意識内容」面については、全面的に、未熟からの成長テーマになること。
一方で「意識構造」面について、とにかく理性で自分を律せればいいというような安直なものではない、ということ。
具体的どのようなものになるのか、次の「「心の病み」の克服」にまとめます。

「心の病み」の克服 
・「自己操縦心性の崩壊」と「感情の膿の放出」の治癒メカニズム
ハイブリッド心理学
が考える「心の病み」克服とは一言で、「ありのままの現実を受け入れて生きようとする心」が「現実を否定して生きようとする心」に勝ることで起き得る、病んだ心の治癒メカニズム現象指します。
これは主に2つ形態を取るものになります。「自己操縦心性の崩壊」「感情の膿の放出」です。

「自己操縦心性の崩壊」は、「現実」に向かって歩み出そうとする人生の重要な局面際して、病んだ心正体である自己操縦心性が、自らに絶望するような形で破綻崩壊し、その後に、病んだ空想雑念消えた、すがすがしい健康な心回復するという治癒現象です。
一方「感情の膿の放出」は、幼少期において意識表面から切り離されたまま脳内毒のように蓄積され、自己操縦心性を生み出す圧迫源になっていた感情の膿が、自己破綻感情絶望感などの意識感情、あるいはめまい吐き気のような身体症状として表面化し、ただ何もせずやりすごすことでそれは消え、それに応じて脳内毒減少したと言えるような、ストレス圧迫が根本から消えた軽快な心の状態への変化が起きるという治癒現象です。
この2つおよそ同期して起きる関係にあります。それまで「こんな自分であれば」という薄氷空想の中で生きていた自己操縦心性破綻し、その空想意識によって今まで葬り去られていた、「本当の自分は・・」という根深いマイナス感情が、出てくるわけです。場合によっては自己操縦心性破綻崩壊意識側面あまりないまま、感情の膿の放出側面だけが主に意識されることもあります。いずれにせよ、この治癒現象による心の健康化は、後戻りのないものになります。

・「成長」の一環としての「治癒」
まずはこんなイメージ理解すると良いでしょう。空飛ぶ絨毯のようなものに乗って空想世界生きようとしたが、その操縦破綻落ち地べたでの感情味わう。そのに、をつけた前進生まれる

問題はこの「地に足をつけた前進」とはどのようなものになるか、になるでしょう。
事実それは、この治癒現象そのもの起き方様相違い、たとえばその一過的絶望感情激しさ吐き出され膿のような感情違いなどによってよりも、まずは「人によって」かなり端的に違ってくるというのが、島野自身体験およびメール相談事例を通しての印象です。
まず誰の場合必ず起きるのは、半夢状態の中で不合理に悪感情に翻弄されるという心の不安定さ減少し、多少とも安定生まれてくることです。一方そこからどのようプラス方向の前進に向かう心へと切り替わるかは、どうも人によって違うということです。積極的前進転じる人もいれば、安定感のあるマイナス傾向落ち着くだけもいる。
私たちはさらに、病んだ心自らへの絶望の中で崩壊したに、「心の豊かさ」増大する、つまり「心の成熟」へと一段飛ばしにワープしたかと思われるような変化起き得ることも、知っておくと良いでしょう。これは手前味噌ですが他ならぬ島野自身人生を通して体験し、この心理学整理するきっかけになったものです。

これらが示唆することとはつまり、ここで取り上げている「治癒メカニズム」とは、病気治癒のようなものとは異なるものであり、「成長」の一環としてあるもの、たとえるならば「脱皮」のような現象としてあるものだということです。つまり脱皮心身状態切り替わるというのは同じ現象としてあるとして、その前後どのような変化を遂げるものになるのかは、心身本体どのような「成長」に向かう中でそれが起きたのかによる、ということです。
当然、「成長」動きなければ脱皮としての「治癒」起きない、ということになります。

これは実に示唆的になるでしょう。「心の病み」の本質とはで述べたように、病んだ心動揺する思考感情というのは、基本的には全面的「未熟」問題なのであり、厳密「病み」となるのは、感情の膿意識から切り離されたままうずくことで半夢状態となり理性コントロール利かなくなる部分なのだと。そのため、絶望感情のようなものが表面化した時、とにかくそれをやりすごすことができれば、半夢状態解消起きるのです。多少とも自分理性コントロールできる程度マイナス状態には落ち着くということです。厳密「病みの治癒」とはこの部分だとも言えるでしょう。
しかしこの心理学など学ぼうとするが、それだけ目標にできればいい、となどは思わないでしょう。「成長」へと大きく転じたい。さらには、「成熟」へと向かいたい。そう思って、心理学学ぼうとするのが当然と思います。

ならばこの、「成長」一環としてある「治癒」起き方要因全体理解すると良いでしょう。
それは「心の死と再生」起きること。
それが「青年期」における、人生大きな節目として起きること。それは「現実を生きる」という生き方モードへの転換として起きること。
単なる「治癒」超え「成熟」起きるのは、吐き出される感情「感情の膿」だけではなく「魂の感情」伴ったものであった場合であること。
この全体俯瞰した時、私たちはそこに人間一つ真実があるのを見ると同時に、単なる「治癒」超え異次元の心の豊かさへと、人生を通して一貫として歩み続けることのできる変化歩み原型が、そこにあるのを知るのです。

・「心の死と再生」
心の病み治癒起き方への要因として、まず理解すると良いのは、それが「心の死と再生」起きるということです。
「心の死と再生」とは、「今の自分の心はもうこの先立ち行かないという自覚感の中で意識が消滅し、その後に、新たな前進力を持った、本人にとり今まで未知であった感情が芽生える現象」などと定義できるでしょう。

そのため心得ておくのが良いこととは、この「心の死と再生」谷間通る時、それが治癒になると知ることでその時一過的な絶望の感情などを和らげる気持ち楽にする、といったことはほとんどできない、ということです。
それができたなら、「今の心」が維持されたまま動揺解消ができたケ−スです。それはそれで良く、それに越したことはありません。「心の死と再生」においては、絶望感の中で果てていく意識は、その後清々しく軽快な心として再生された感情どのようなものかを知ることなく消えていくのです。そしてその後意識感覚としてつながらない形で、新たな感情自分芽生えているのを、知るというになります。
どちらが良いかというではありません。どちらもあるということです。それを知っておくことが重要です。絶望感情和らげることは「ほとんど」できないと述べましたが、「全く」ではない僅かな部分というのが、まさにそれを知っておき、和らぐことのない絶望感情そのまま放置することを受け入れ、たとえば自殺などの行動に移してしまえというような激情化とどめることは、ここで述べていることの理解によって可能になるだろう、と島野としては考えています。
そしてその僅かな差が、その人その後人生決する、極めて大きな差になるのです。この「心の死と再生」通ることで、まさには、新しい自分として生き始めることができるのですから。

一方こうした話聞いて「とにかく絶望できればいいのか」といった反応をされる読者の方も少なくなかった印象です。もちろんそうではないことは、「成長」の一環としての「治癒」で述べた、この治癒現象端的表現分かるかと思います。
それは「脱皮」のような現象としてあるのだと。まずは心身本体「成長」向かう動きありきであり、それなしにいくら「絶望」したからと言って、どのよう新しい自分変化できるかなど、もう何も言えることなくなってきます。
ではその「成長」方向とはどのようなものであり、「絶望」がそこで治癒役割演じるとはどういう意味においてか。
それはこの治癒現象がどのような人生局面主に起きるものであるのかが、如実示すものになります。

・「自己操縦心性の崩壊」から健康な心での「脱皮成長」へ
ハイブリッド心理学が考える心の病み治癒克服は、その「発症」「幼少期」から「思春期」へという、その人人生歩み始めまたがったものであるのを受けて、その「青年期」において、その人人生における最大転換一つとして訪れ得るものと考えるものです。
それは最初起き、それゆえに最も動揺激しく自殺衝動危険最も大きくなるような、自己操縦心性の崩壊です。
なぜならそれが最初起きる時ほど、自己操縦心性による支配度大きく、その「崩壊」によって心が支えを失う度合い大きくなるからです。そして「現実の否定」良しとする自己操縦心性は、自ら崩壊際し断末魔のように「死」を、その人命じようとするのです。決してそれに従わずただ何もせずにやり過ごすことこそが、実は自己操縦心性死んでいき、健康な心を回復させるという勝利になるのです。

「自己操縦心性の崩壊」その後人生においても何度か起き得ますが、その都度健康な心割合大きくなっていき、「病み」治癒というよりも、心の健康度さらに増していく、まさに「心の脱皮成長」のような位置づけになっていきます。動揺度より少なく「死」観念浮かんだりしても、その「誘惑」は何の重みも持たず、「生きること」への確信揺らぎないものになります。
同時にそれは、「自己操縦心性の崩壊」としての姿をあまり持たない健康な心においても起き得る「心の死と再生」姿変化していくという流れでもあります。自分というものが分からないまま自分の感情の操られるという、「病んだ心」崩壊から、ただ、今まで生きていた心が死に、新たな心が再生するという、健康な心での脱皮成長姿へ。それが終生、私たちの起き得るのです。

・「受動価値感性」からの抜け出しと「心の死と再生」
そこにある「脱皮」意味とは、一貫して、私たち人間「宿命的不完全性」として指摘した、受動価値感性からの抜け出しだとハイブリッド心理学では考えます。
つまり「人の目」生かされ「人の目」空想「こんな自分であれば」「こんな自分でなければ」惑う心脱ぎ捨て「人の目」揺らぐことのない新たな自分で、生き始めるのです。

事実「人の目の中で生かされる」という「受動価値感性」が、全ての「心の惑い」の根源にあると言って過言ではないでしょう。
「人は人、自分は自分」といった言葉語られることの多さが、それを物語っているとも言えます。そうした平易言葉ヒント心の惑い捨てることができればそれに越したことはありませんが、そんな言葉だけでは何の役にも立たない、さらには惑い消そうとして「人の目」背を向ける先に、今度「生きることの空虚感、虚無感」といった問題見えてくるなど、人生生き方への惑いなかなか消えないというケース多い多いのが実情でしょう。人の目というのは事実を向けて何の答え出るものでもなく、人生対処しなければならない、常にそこにある道路標識のようなものでもあります。
結局、重要なのは人のこと人の目「気にしない」ことなどではなく、それによって自分を見失わないことです。
そして私たちのあり方が、人の目実際様子や、あるいはその空想によって、大きく左右されるものであることは、私たちの意識努力打ち消せるほど浅いものではなく、私たちの深く根ざす宿命なのです。それはいわば、私たちの拠って立つ大地の、土壌一面なのです。これが結論です。
問題はそうした土壌で、まずは私たちがどのよう歩き方をしようとするか、あるいはどのよう運転技術身につけようとするか、そしてそれによってどんな人生の前進しようとするのかです。

人の目の中で生きようとする私たちのは、自ら瀬戸際追いやります。「人の目の中でこうあれる自分」という「自己像」描き、それに向かって努力することは、飛躍的な成長へとつながる原動力なり得る一方で、そこに自分自身の真実を欠いた、あるいは真実を損なったものがある時、真綿で首を締めつけるかのように、やがて人の心苦しめ見返りを得ることもない心身のストレスと消耗へと追いやるのです。

・「成長」への「真実」へと向かう
そこから抜け出す様子に、「心の死と再生」について述べた通り、2つあり方があるということです。本人自分の姿勢の誤り気づき、軌道修正を図ることができるものと、それができずに「心の死と再生」通る形になるものと。
前者自分気持ち前向きなものに切り替えることができる形であり、後者ではそれができず意識はただ「自分はもう駄目だ、自分の人生はもう終わりだ・・」という失意絶望の中でエネルギー失っていくのです。そこからしばらくして、「無」時間置くようなで、全く違う感情生まれてきている自分気づく、というです。
これはたとえば、前者試験試合結果ばかり気にすることでパフォーマンス落ちていたが、自分姿勢誤り気づき目の前のことに集中することでパフォーマンスあがるようになるといった姿として、そして後者大怪我大病によって大きな挫折人生の絶望味わった人が、やがてに、社会的成功とは全く別のものとしてある人生の輝き感じるようになるといった姿として、イメージできるでしょう。

ハイブリッド心理学がそこで目を向けるのは、自らが自分自身の真実を損なった姿勢や生き方をしていたことに、前者自分気づける一方、後者気づくことができない、さらに言えば気づけるかどうかを問える存在ですらなかったことです。だから前者自分自分切り換えることができたのであり、後者絶望におおわれるしかなかったのです。
その一方で、起きる変化は、ここに書いたイメージ例で言うなら、当然後者の方が大きなものになります。次元が違う言えるようなものとしてです。前者は、一つの存在での軌道修正の変化であり、後者は、存在そのものが別のものになる、生まれ変わりのような変化です。生まれ変わったような自分になってから以前の自分振り返った時、しみじみと、偽りの自分を生きようとしていた別の人間そこにいたことを感じるようなでです。

もちろん、全ての人がこうした自己起動修正や、次元高い「心の再生」と向かうことができるわけではありません。
まず「人の目の中で生きる」という「受動価値感性」の中で、自分自身の真実を見失って惑うというのが全て悩み惑い根底として共通なのであり、それが「成長」向かうための舞台「成長」へのステップのための踏み台なのです。
そこから実際「成長」向かうかどうかに、によって違い出てくるということです。
それは「真実」どう見出すか、そして「真実」へとどう向かうか違いだと言えます。この「真実」とは、一つ言葉で言うような限定的なものではなく、自身内面感情についてのことであったり、外面行動法についてのことであったり、「価値観」といったテーマ関係することもあるでしょう。そして今述べた2つ前進の仕方について言えば、前者は、「目に見える真実」をうまく視界捉えてそこに向かうことができたケースであり、後者「心の死と再生」に向かうケースとは、「目に見えない真実」あるいは「意識を超えた真実」向かったケースなのだということになります。

・「命の生涯」という「見えない真実」
ではその「目に見えない真実」「意識を超えた真実」とはなのか。どのように向かうことができるものなのか。
それは「自己操縦心性の崩壊」皮切りとした「心の死と再生」何度体験しながら、やがてその人生歩み出しから見るならばまさに「異次元の世界」とも言えるような「心の豊かさ」へと歩む人生・・手前味噌ですがそれが島野人生であり、この心理学整理するきっかけになったものです・・ので、次第おぼろげに、そしてやがて鮮明見えてくるもの、そしてそれを人間について人間歴史を通して見出されたさまざま事実つき合わせた時、これが真実であることへの確信生まれるものです。

それは私たちのに、「依存の愛から旅立ち、自立の自尊心を経て、成熟の愛に向かう」という、生涯をかけて果たされるべき、ハイブリッド心理学「命の生涯」と呼ぶ変遷変化用意されている、ということです。
これは大自然を生きる全て動物用意された、「命」最大の摂理とも言えるものに他なりません。しかし人間はその高度進化結果、この心の変遷変化から遠ざけられる宿命背負ったのだ、とハイブリッド心理学では考えています。「自意識」出現により、「心」がその大元「命」からはがれた、薄っぺらいものとして動くようになった結果としてです。この始まり幼少期に起きる「心と魂の分離」であり、そこから「受動価値感性」という惑いの土台が、私たちの動かすものになったのです。
この心の変遷変化にこそ、心の惑いからの抜け出し、そして私たちの「幸福」への最大の鍵があるにもかかわらず、です。
どういうことなのか、実際にその心の変遷変化歩む中次第おぼろげに、そしてやがてその歩み最終局面至ることで鮮明に、見えてきます。それは、この変遷変化とは、未熟な「望み」「済んで」、より成熟した「望み」移るごとに、外部から特別に良いものが与えられないと不幸だと感じる「自発的不幸」減少し、外部から特別に良いものが与えられることなく幸福感が内部から湧いてくる「自発的幸福」増大した状態へと心のあり方変化していく変遷なのだ、と。ゆえにこの心の変遷変化こそが、心の惑いからの抜け出し、そして私たちの「幸福」への最大の鍵になるのです。

それが「心の死と再生」経ることで向かい得る見えない真実になるとはどういうことか。
それは自分に絶望することがこうした心の成熟変化生み出すということではなく絶望感がその意識表現になるで、表面浅はかな心打ち破られることで、のその成熟変化から遠ざけられる宿命とりはらわれた通り道が、そこ現れるということだと、ハイブリッド心理学では考えます。「命の生涯」変遷変化に、なにか直結するような通り道がです。
あとはその通り道に、どう踏み込むかだ、ということになります。
そこに、により違い出てくるということです。ある者は、浅はかな心とどまり続け、ただその絶望感流され、巻き込まれてしまうかも知れません。しかしある者は、表面浅はかな心隠されていた、自分の心の真実直視するのです。
変化が、そこに起きます。後戻りすることのない、強さ安定を増す変化がです。

・「心の病み」の治癒と「心の死と再生」
(以下執筆中^^)

・「青年期」という節目・「現実を生きる」という生き方モードへの転換

・「魂の感情」と「命の生涯」・「治癒」を超えた歩みへ



inserted by FC2 system