ホームページTop

ハイブリッド心理学辞典 辞典内検索(by Yahoo!) 結果は別ウインドウ表示

実践の学び
 実践-3 行動学

実践3-2 仕事の普遍的スキル
  基本説明  関連項目  スキルのポイントと事例など詳細

最終更新:2015.10.11
基本説明 
学生時代などに「仕事で大切」言われるであろう「やる気」「協調性」などというものは、仕事のスキルにはあまり関係ありません団体行動一般有用なものではあるでしょう。
それらはそこそこ心がけた上で、「役割」「工程」「管理」そして「生み出す価値」といった専門的視点できるだけ早く意識を向け仕事場におけるその具体形の把握のコツをつかむことが、仕事のスキル獲得への近道になります。
これらはあらゆる「仕事」普遍的なものであり、一度しっかり習得することで、仕事場が変わってもすぐに仕事こなせるようになるという、普遍的スキル獲得となります。これが「社会を生きる自信」何よりの源になるでしょう。


関連項目 
仕事において用いる行動法はもちろん、行動学3種類「建設的対人行動法」「原理原則行動法」「ウインウイン行動法」いずれかです。そのに、目標利害一致する相手から対立する相手までの、行動法バリエーションになると言えます。
そうした「行動学」プラス「仕事の普遍的スキル」によって、「仕事の能力」構成される、と言えるでしょう。


スキルのポイントと事例など詳細 



inserted by FC2 system