ホームページTop

ハイブリッド心理学辞典 辞典内検索(by Yahoo!) 結果は別ウインドウ表示

実践の学び
 実践-5 悪感情への対処と「自己分析」
  実践5-1 悪感情の種類別の克服対処の指針

悲しみ
  基本説明「心の豊かさ」への通り道としての「悲しみ」  「命の生涯」における役割参考資料

最終更新:2017.1.19
基本説明 
「悲しみ」は必ずしも悪感情ではありません心の成長歩みで、それを「魂の感情」として自分自身受けとめることができた時、に、「自分から愛することができる」、そして「自発的幸福の増大」という豊かさ一歩増大する、心の豊かさへの導き感情だと言えます。
そうして「豊かさ」へと変化する訪れるまで、悲しみ向き合い続ける姿勢がとても大切です。

「悲しみ」とは、「大切なものを失ったことへの心の反応感情」だと、まずは定義できるでしょう。
ハイブリッド心理学では、悲しみ「マイナス感情」ではあっても「悪感情」ではない、と考えています。それはむしろ「良い感情」分類されるものだ、と。
それはまず第一に、「喜怒哀楽」表現される人間基本感情において、マイナス感情に位置される「怒り」「哀(悲)しみ」は、前者自らストレス加える感情であるのに対して(怒り説明参照)、後者ストレス癒す感情であることです。医学的にも、「泣くこと」ストレス解消効果持つとしばしば言われるように。
ただしこれは、「大切なものを失わされる」というマイナスの出来事場面に際して、「怒り」がそれに面した時感情、そして「悲しみ」過ぎた時感情という一連流れとしてその2種類感情があるのだとすれば、「悲しみ」取り立て「良い感情」とするにはおよばないとも言えるでしょう。

・「心の豊かさ」への通り道としての「悲しみ」
ハイブリッド心理学より重視するのは、「悲しみ」「ストレス」解消するという消極的役割側面よりも、「心の豊かさ」を生み出すという積極的役割側面です。
2つ通り道によってです。一つは、私たちの意識の中にあるものとして。そしてもう一つは、私たちの意識を超えてあるものとして。どちらも、その根本的本質は、「浅はかな心」という私たち人間宿命が、どのように打ち破られるかにあるものとして。

「悲しみ」「心の豊かさ」への通り道になるという積極的役割1つ目は、まさに「悲しみ」「大切なものを失ったことへの心の反応感情」だという定義になります。
つまり私たちは、「浅はかな心」という宿命によって、自分にとって本当に大切なものが何なのか良く分からないまま、表面的なことばかりに惑わされ流されて生き始めるのです。
「悲しみ」が、それを打ち破るものになり得ます。悲しみの感情の中で、自分にとって本当に大切なものが何だったのかをまざまざと自覚するという体験としてです。それがこの人に、自分自身にとって本当に大切なものへと揺らぐことなく向かう心の芯のようなものを与えた時、それが「心の豊かさ」一つの要素になってくるのです。

もう一つ通り道は、「自分から愛することができる」そして「自発的幸福の増大」という「心の豊かさ」へとさらに直結するものです。
それは、「悲しみ」を「魂の感情」として自分の心の中で受けとめ尽くした時、意識の分断(心の死と再生)を経て、より豊かさを増した「命の感情」が出現する、というものです。
これは私たちの意識的自覚理解超えたものとして起きます。つまり悲しみ「魂の感情」として受けとめるという時、そこにあるのはあくまで喪失の悲しみというマイナス感情でしかありません。しかしそれを「意識が尽き果てる」までとも言えるような深さにおいて自分心の中で受けとめた時、睡眠による意識断絶のような、前後のつながりのない間を置いて、今までの人生で体験したのことのないような安定と豊かさを帯びた心の状態現れてくる、というものです。後戻りないものとしてです。

・「命の生涯」における役割
そこで何が起きているのか、ハイブリッド心理学からの考えはこのようなものです。
「命」にはもともと、「命」がそれを望んで生まれ出るものである「愛」に向かって全力を尽くして生きる中で、心のあり方「未熟の愛から旅立ち、自立の自尊心を経て、成熟の愛に向かう」という「命の生涯」変遷をたどり、同時に、「幸福」外部から与えられるものよりも自己内部から湧いてくるものと感じる「自発的幸福」増大していくという変化プログラムされている。
しかし人間においては、「自意識」発生によって「心」が「命」からはがれた薄っぺらいものになる「心と魂の分離」によって、こうした「命の生涯」に沿った変化成熟起きにくくなる。
こうした状況において、表面的で薄っぺらいものへの望みをいくら追っても、またそこで満たされても豊かなものへと変化することはなかなかなく、むしろ表面的なものへの望み挫折による喪失の悲しみを、自分にとって本当に大切なものが何だったのかの自覚へと深める形で、悲しみを「魂の感情」として自分の中で思いっきり受けとめ燃やすという体験において、「命の生涯」変遷作動する、というものになります。
その変化は、がそこからはがれた大元「命」作用させることにおいて、悲しみ自分の中受けとめることと、その後豊かなものへと変化していることが、「心」意識上つながりのないものとして自覚されるのである、と。

に述べたものがまさに、「感情と行動の分離」に始まる実践の学び並ぶものとしてある、歩みの学び大きな領域骨子とも言えるものになります。
理解ポイントは、悲しみを「魂の感情」として受けとめ燃やす、そしてその後に豊かさを増した「命の感情」が出現するとはどんなことなのか、実感としての理解どう得るかということになるでしょう。
それはまず言って、こうした心理学的説明だけでは不可能であり、何より実際のその体験詳しく記述したものが必要になるでしょう。はそれを、私自身生涯における私自身心の変遷記録として、残された私自身生涯を通してのライフワークとして、『日記ブログ』などの形で伝えていきたいと思っています。
そうした記述を読んで、実感として何かを感じ取れる人もいれば、感じ取れない人もいるでしょう。また、感じ取れたとして、「自分もそうしてみよう」といった観念全く意味のないものになります。なぜならそれは、人それぞれ唯一無二人生歩み、しかもその中での「喪失」への向き合いといったになるからです。
私たちにできるのは、自分人生自らの足で前に進む姿勢と、この社会力強く生きる技術身につけ、「望み」に向かって全てを尽くして生き、それでもものごと望む通りにならない失意にも出会う最後に、実はそこにこそ心の豊かさへの入り口がある可能性を、知っておくことです。そうした前進姿勢実際歩みなしに、ただ悲しめば、そして泣けば心が豊かになるというのではないのは、むろん言うまでもありません。

ですので、実感的理解どう得るにせよ、「悲しみ」「心の豊かさ」への通り道になるというテーマについても、結局は、「外面行動は建設的なもののみ行い、内面感情はただ流し理解することのみ行う」という「感情と行動の分離」の姿勢と実践を携え、「望み」に向かって全てを尽くして生きるという、ハイブリッド心理学取り組みにこそ、そうしたものもあるという全体理解することが、やはり最大ポイントになるでしょう。
参考資料 
・入門編上巻 1章 怒りのない人生へ - 「怒り」と「悲しみ」(P.20)
悲しみは、損なったものへの痛みを、危険が過ぎた「安全」を感じる中で癒しより強くなるための感情です。
人間他の動物よりも不幸存在だと言うならば、それは精神的痛みに際して、素直悲しむことができず、頻繁「怒り」選択し、いつまでも自分危険だという感覚の下で自らダメージストレス与え続けることを指しているのでしょう。



inserted by FC2 system